高齢者の就職、マイスター60、シルバーセンター、高年齢者雇用安定センターの解説サイト

高齢者に適した転職先とは?

高齢者の就職、転職は、2年から3年前に比べると、求人に関する年齢制限が原則として禁止されたことで有効求人倍率が高くなっています。日本はますます高齢社会に突入していくわけですから、これからの就職市場は高齢者を無視することはできません。いまが高齢者の就職市場の過渡期といえるかもしれません。現状としてはいまだ高齢者の就職環境は厳しいし、就職できる職種も限られています。自分の培ってきた経験や知識、技能、技術が100%生かせる就職先を高齢者が見つけるのにはまだまだ時間がかかるのは確かですが、ここにきて経営者のほうも高齢者の就職に前向きに取り組む傾向がみてとれます


ある外食チェーンですが、高齢者が生き生きと働いている職場があります。ハンバーガーショップですが、若い人たちといっしょになって高齢者が生き生きと働いているのです。経営者に話を聞いてみますと、「高齢者は細かいことに気がつき、知恵袋ではないが、昔からの良い習慣ややり方など教えてくれている。バイトへのよきアドバイザーでもあり、プラスになることがたくさんある」と答えています。いまでは多くの高齢者を雇いいれているようです。このように高齢者を多く雇う企業も出ていますし、インターネットには高齢者向けの就職・転職サイトもあります。大いに高齢者は活用すべきでしょう。